スポンサーリンク

Appleクレカ「Apple Card」 まとめ・感想

Apple Card ブログ・アフィリエイト

こんにちは、毎日投稿のブロガーNaoです。

2019年3月26日、Apple春のスペシャルイベントでAppleのオリジナルクレジットカード「Apple Card」が発表されました!

2019年夏、アメリカでリリースされるようです!

日本でのリリース情報は発表がありませんが、この注目の「Apple Card」について簡単にまとめてみました。




スポンサーリンク

Apple Card

Apple Cardの最大の魅力は「従来のクレジットカードの欠点を取っ払った」点にあると思います。主な特徴については以下にまとめました。


Apple Payの専用クレジットカード(Apple Pay経由で決済するクレジットカード)

・Apple Pay非加盟店でも利用可能なように物理のクレジットカードが発行される(→次項で紹介)

登録発行はiPhone上で数分で可能!

・支払手数料、遅延手数料や年会費等といった手数料が発生しない!

決済日ごとに決済額の数%が翌日現金で還元される(Daily Cash:還元率は、Apple Pay経由では2%、Apple Storeでは3%、物理のクレジットカードで決済の場合は1%)

支払管理機能が搭載!(毎月の支払額を調整できる)

支払明細の内容が詳しい!(店情報が詳しく記載され、かつ店のロゴが表示されることでに直感的に見やすい仕様になっている。Apple Mapが統合しどこで購入したかも分かるようになる。)

従来にない安全なセキュリティーシステム決済ごとにダイナミックセキュリティーコードが発行され、Face IDやTouch IDの認証によって決済しなければならないため、クレジットのカードの悪用がほぼ不可能な状態になった)

個人情報の保護を徹底!購入履歴などのデータはAppleのサーバーに残らず、第三者にデータが渡ることがない)



現在のアメリカリリースに向けた事前情報ですから、日本でリリースするとなった時、同じ内容になるかは分かりませんのでご注意ください!

ユーザー目線で批評すると、支払った日ごとに還元されるDaily Cashは嬉しいシステムだなと思いました。また、従来のクレジットカードの欠点であったセキュリティー面を今回のApple Cardは新しいシステムによって払拭しています。おかげで安心して買い物が出来るようになるのではないでしょうか。Apple Cardを悪用しようものなら持ち主の顔や指紋が毎回必要になるので、犯罪利用はほぼ不可能になるでしょう。

Apple Pay加盟店目線でみると、決済はApple Pay又は物理のクレジットカード認証になるので、追加費用が掛からないのは嬉しいですね。Daily Cashのおかげで、ユーザーの購買意欲が上がり客単価の上昇が見込めるかもしれませんね。






物理のクレジットカード

今回の発表で話題を呼んでいるのがApple Cardの物理版クレジットカードです。Apple Pay非加盟店でも利用可能(クレジットカード決済が可能であれば良い)なように発行されます。

見てください、このスタイリッシュさ!
Apple Card
Apple HPより画像引用)

発表内容によると、チタン製のカードでカード上には番号やセキュリティーコードを表示しない点が特徴です。とてもシンプルで高級感のあるカードですね!

Daily Cashは決済時の還元率は1%とApple Pay経由の決済に比べると低いです。ですから、Apple Pay加盟店で決済する場合はApple Cardのアプリケーションを使う方がお得という訳ですね!





まとめ・感想

話題となっているApple Cardですが、今のところ私は利用しないつもりです!

優秀なセキュリティー面やユーザーにとって嬉しい還元サービスがありますが、その素晴らしさゆえに利用頻度と使用頻度が増えそうだからです。

あくまで現在のクレジットカード利用状況の範囲内で活用するのはアリだなと思いますが、おそらく自制が効かないと思うので、日本で導入されても利用はやめておくつもりです。

ただ、機能やシステムは本当に素晴らしいです。チタン製のクレジットカードはシンプルでおしゃれで手にしたい気持ちになりますね!デザイン設計に関してはさすがAppleです!

アメリカでのリリースが2019年夏とのことなので、続報や追加情報があれば適度に情報を仕入れて再度利用を検討するかもしれません!


ブログ・アフィリエイト
スポンサーリンク
Naoをフォローする
你好!楽しく台湾中国語を学びましょう!!
タイトルとURLをコピーしました